MENU >>

歯周病専門医監修の東京高度歯周病治療センター

Tel. 03-3549-0290

トップページ >  歯を失ってしまったら

歯を失ってしまったら

歯を失ってしまったら

歯が抜けてしまうことのデメリットとは?

歯が抜け落ちてしまうと、どうなってしまうのでしょうか?
「別に1本くらい歯が抜けても、食べるに困らないから大丈夫」
実は、歯が1本抜けたことの影響はお口の中だけでなく、全身の健康にも悪影響を及ぼすのです。 では、どんな影響があるのでしょうか?

噛み合わせが乱れる

一本歯が抜けてしまうと歯列に「歯がないスペース」が生まれます。 下の歯が抜けると、上の歯が伸びてきてしまいます。 抜けた歯の両隣の歯は、そのスペースを埋めるように移動したり傾いたりします。 そうすると、歯と歯の間が開き、歯の間に食物がつまりやすくなります。 抜け落ちたのはたった1本の歯だとしても、すべての歯に影響が出るのです。

顎関節症のおそれ

噛み合わせが乱れると、顎(アゴ)の筋肉が無理な動き方をし、顎や顎の筋肉に疲労が溜まるります。 そうすると、顎関節症になることがあります。
顎のカチカチ音がしたら、それは顎関節症の予兆です。
治療開始が遅れると、回復に時間がかかります。そしてとてもつらいです。 後回しにせず、早めに歯科医院に行きましょう。 つらさを分かってくれる歯科医師との出会いがキーポイントになります。
歯科医院の選び方はこちら

消化器官への負担

歯が1本ないだけでも、今まで噛めていたものが上手く噛めなくなります。 それまで美味しく食べられたものの美味しさも半減します。 さらに、十分に噛み砕くことができないまま飲み込んでしまうので、消化器官にも負担を与えます。 歯が抜けたまま放置するのは、胃腸障害を招き、健康を害する原因となります。

歯が抜けてしまった場合の治療法

歯の機能を補う治療には「入れ歯」「ブリッジ」「インプラント」の3つがあります。
それぞれにメリット・デメリットがあるので、どの治療にするかは歯科医とよく相談したうえで決めることをオススメします。
インプラントについて詳しくお知りになりたい方はこちら

入れ歯

入れ歯

メリット

  • ・ 治療期間が短い
  • ・ 治療費用が安い

デメリット

  • ・見た目にも装着時にも違和感がある
  • ・食べ物の温冷が伝わりにくい
  • ・壊れやすい
  • ・歯槽骨(顎の骨)が痩せてしまう

ブリッジ

ブリッジ

メリット

  • ・ 治療期間が短い
  • ・ 治療費用が安い
  • ・食べ物の温冷が伝わりやすい
  • ・入れ歯よりも審美性に優れる

デメリット

  • ・両隣の歯を削らなければならない
  • ・食べかすが詰まりやすくなる

インプラント

インプラント

メリット

  • ・ 入れ歯/ブリッジよりも審美性に優れる
  • ・ 食べ物の温冷が伝わりやすい
  • ・ メインテナンス次第で長持ちする
  • ・ 入れ歯のように取り外しが必要ない
  • ・ 自分の歯のように咬める

デメリット

  • ・治療期間が比較的長い
  • ・治療コストが多めにかかる
  • ・外科処置が必要
高度歯周病治療センター/中央ファーストデンタルクリニック

高度歯周病治療センター/
中央ファーストデンタルクリニック

住所 : 東京都中央区明石町5-19・1F

診療時間

平日 9:30~13:00 / 14:30~19:00
9:30~13:00 / 14:30~18:00
水・日・祝日 休診日
(C) 東京高度歯周病治療センター中央ファーストデンタルクリニック All Rights Reserved.