MENU >>

歯周病専門医監修の東京高度歯周病治療センター

Tel. 03-3549-0290

トップページ >  インプラントと密接にかかわる歯周病、虫歯治療

インプラントと密接にかかわる 歯周病、虫歯治療

インプラントと密接にかかわる 歯周病、虫歯治療

当院でのエピソードをご紹介します。

以前、遠方から当院院長西村を訪ねてきてくださった患者がいました。

その方は、30代ですが、歯周病が原因で歯がほとんど無くなっていました。
院長は、残せそうな歯は残し、なくなってしまった箇所にはインプラントを入れ、かみ合わせを作りました。

歯周病は誰にでも起こり得ます。
人により発症しやすい・しにくいという差はあるものの、口腔内のケアを怠ると確実に進行していく病気です。
インプラント治療の際はもちろん、虫歯治療でも、歯周病を管理しながら治療を進めなければなりません。
なぜなら、歯周病であることで、インプラントも虫歯もせっかく治療しても長持ちしないことがままあるからです。

歯のエナメル質を削れば、唾液中の細菌が入り込むため、何年か経ったあと、その場所が虫歯になり、また治療が必要になるという悪循環を繰り返します。(西村)

なのに現在の日本では、多くの歯科医院で歯周病の管理をする前に虫歯を削り金属をかぶせる治療を行ってしまいます。
歯は、削れば削るほど悪くなります。
削る必要がある場合は最小限に抑えるべきなのですが、削った場所に金属をかぶせようとすると、どうしても多めに削る必要があるのです。

インプラントはオプションです、最終手段です

インプラント治療を得意とする院長が、「インプラントはオプションです」というのは、一体どういうことなのでしょうか?

「歯を失った場合やむを得ず入れるのが、インプラントだ」ということです。
「歯が抜けても、インプラントを打てばいいや」ではなく、歯周病のケアをしてとにかく自分の歯を残すようにしてそれでもどうしても残せなかった場合の、あくまでも「オプション」なのです。
義歯ではなく、自分の歯に勝る歯は、この世にないのです。
まずは、自分の歯をいかに残すのか?を一緒に模索しましょう。
高度歯周病治療センター/中央ファーストデンタルクリニック

高度歯周病治療センター/
中央ファーストデンタルクリニック

住所 : 東京都中央区明石町5-19・1F

診療時間

平日 9:30~13:00 / 14:30~19:00
9:30~13:00 / 14:30~18:00
水・日・祝日 休診日
(C) 東京高度歯周病治療センター中央ファーストデンタルクリニック All Rights Reserved.